モテる男の女性をキュンキュンさせる会話テクニック!

モテる男の女性をキュンキュンさせる会話テクニック!

あなたは女性をキュンキュンさせる会話をすることができますか?女性はキュンキュンできる会話をすることで「女スイッチがオン」になります。そしてキュンキュン会話をできる男性のことが気になるようになります。

上手くいけば、セックスにまで持ち込め、同じく男性もキュンキュンすることができます。(笑)できれば女性をキュンキュンさせる会話をできるようになりたいものです。その前にこちらでは、女性をガクッとへこませてしまう3つの逆キュン会話についてご紹介します。

1つ目が「全然、話が合わない逆キュン会話」です。全然、話が合わない逆キュン会話とは、会話をすればするほど、ドンドン平行線になってしまう会話のことです。理由はそもそも生まれ持った感性が異なるからです。同じ意味でも、常に真逆の発想になってしまいます。

お互いに悪気はないのですが、感性が異なることから妥協点が見つからず、ドンドン話が合わなくなります。女性をへこませてしまい、最悪な逆キュン会話になってしまいます。

2つ目が「声を聞くのが嫌になる逆キュン会話」です。声を聞くのが嫌になる逆キュン会話とは、相手の声や話し方が嫌になる会話のことです。理由は女性からすると、どうしても不快になる声や話し方があるからです。

ずっと、嫌になる声や話し方をされることで、イライラが最高潮に達します。結果、声を聞くのも嫌になるどころか、顔を見るのも、考えるのも嫌になります。

3つ目が「一緒にいるのが嫌になる逆キュン会話」です。一緒にいるのが嫌になる逆キュン会話とは、ただ一緒にいるだけでも不快で、嫌な気持ちになってくる会話のことです。理由は、不快で、嫌な気持ちにさせられる男性とわざわざ一緒にいる意味がないからです。

例えば、それほどの知り合いでもない相手に、根ほり葉ほりプライベートを聞かれ、最後にプライベートがつまらない女扱いされた時などです。ほとんどの女性であれば「何こいつ!」と怒り心頭に発することでしょう。

こちらでご紹介した逆キュン会話をする男性であれば、女性から間違いなく嫌われ、当然セックスもできません。次の章では、女性をキュンキュンさせて、セックスに持ちこめる会話テクニックについてご紹介します。

セックステクニックの続きを見る⇒

フラれた彼女とよりを戻すトークテクニック!

フラれた彼女とよりを戻すトークテクニック!

あなたはフラれた彼女と、よりを戻したいですか?男女の仲は、付き合っている時は、お互いわがまま放題になってしまいがちです。ただし、ついには相手のわがままに付き合いきれなくなり、別れてしまうことがあります。

ところが、別れてしばらく経つと、別れたことが間違いだったと気づきます。そうなると、よりを戻したくなりますが、簡単には戻りません。こちらでは、彼女からフラれてしまうモテない男の3つのトークパターンについてご紹介します。

1つ目が「命令口調トークパターン」です。命令口調トークパターンとは、女性を一段下に見下して、あれこれ命令口調で指図するトークパターンです。「おい!」「おまえ!」「〇〇やっとけ!」など、何かを頼む時にも、名前では呼びません。

まるで、飼い犬に指図しているような言い方をします。こうなると、普通の神経を持つ女性であれば、イラついてきます。間違いなく、フラれます。

2つ目が「欠点や短所をけなすトークパターン」です。欠点や短所をけなすトークパターンとは、彼女の得意でない分野や上手くできない分野を、わざとけなすパターンです。

男性であっても、女性であっても、得意・不得意はあります。また、何度やってもできないこともあります。そんな彼女の欠点や短所を見つけて、面白がってけなしてしまう男性もいます。こうなると「じゃあ、あんたがやれば」と彼女から言われます。そして、遅かれ早かれ、彼女が逃げ出すことでしょう。

3つ目が「萎えさせる話トークパターン」です。萎えさせる話トークパターンとは、彼女のやる気やモチベーションを落としてしまうトークパターンです。「今日、会社をクビになった」「金を貸してた友達に逃げられた」「実家の会社が倒産して、負債が数億」「親の連帯保証人になった」などです。

笑えない話ばかり聞かされて、彼女のやる気やモチベーションが落ちてしまい、うんざりしてきます。こうなると「ああ、こいつといてもダメになるだけ」と思われます。彼女に愛想をつかされ、飛ばれます。では、フラれた彼女とよりを戻すには一体どうすれば良いのでしょうか。

セックステクニックの続きを見る⇒

女性に自分を意識させる効果的なトークテクニック!

女性に自分を意識させる効果的なトークテクニック!

あなたは、好きな女性に自分を意識させることができますか?大勢の人がいる学校や職場であれば、あなたにも1人くらいは気になる女性がいますよね。ただし、あなたがどれほど気になっても、相手の女性が全く意識してくれないと寂しい限りです。

こうなると、いくら気になっても、その後の進展はありません。結果的に何もなく、当然その女性とセックスをすることはできません。では、あなたにはその女性を意識させることはできないのでしょうか。

できれば、トークテクニックを使って、何とか意識させたいですよね。こちらでは、女性から自分が意識されない3つのNGトークについてご紹介します。

1つ目のNGトークが「仕事の話しかしない」ことです。こちらは日本人男性に多いNGトークあるあるです。モテない男性に限って、やたらと仕事の話になると熱く語る人がいます。
この手の男性は、女性に対して、自分が仕事で頑張った話をするとモテると勘違いしています。

ところが女性からすると、仕事の話ばかりだと、正直ウンザリしてきます。男性と付き合いたいと思っている普通の女性は、仕事の話にはさほど興味がありません。もしあなたが、女性から男性として意識されたいなら、仕事の話はほどほどにしましょう。

2つ目のNGトークが「自分が気が向いた時にしか話をしない」ことです。こちらも、女性から意識されない男性のNGトークあるあるです。女性にモテない男性の特徴で多いのが、どこまでいっても自分を基準にしている点にあります。

これは裏を返せば、女性の気持ちを考えていないということです。自分が気が向いた時にしか話をしないことから、当然女性から意識されることはありません。

3つ目のNGトークが「話がマンネリ」なことです。こちらも、女性から意識されない男性のNGトークあるあるです。女性からすると、話がマンネリな男性は興味の対象外になります。女性は2度も同じ話を聞かされると「またか!」と思っています。最低でも、同じ話を繰り返すことはやめましょう。

女性があなたを1人の男性として、強く意識してくれなければ、いつまで経っても「ボッチ」のままですよね。ボッチのままだと悲惨です。女性とセックスもやれません。では、一体どうすれば女性から意識してもらえる男性になるのでしょうか。

セックステクニックの続きを見る⇒

モテる男の女性応援会話テクニック!

モテる男の女性応援会話テクニック!

あなたは仕事での女性の頑張りを応援したことがありますか?女性は仕事で頑張っている姿を応援してもらうと、その相手に好意を持ってくれます。見方を変えれば、仕事で女性を上手く応援できないと、モテる男にはなれません。

こちらでは、女性応援会話テクニックができていない、モテない男の3つの失敗例についてご紹介します。

1つ目が「女性の頑張りを応援する会話ができない」ことです。女性は、仕事で頑張っている時に、周りの人たちから応援してくれる会話があることで、さらにモチベーションが上がります。
ところがモテない男は、一切応援する会話ができません。酷い男になると、仕事で頑張っている女性の足を引っ張るような会話をします。こうなると、いつまで経ってもモテる男にはなれません。

2つ目が「女性が結果を出しても、褒める会話ができない」ことです。女性は、仕事で結果を出した時に、周りの人たちから褒めてもらう会話があることで、さらにテンションが上がります。
ところがモテない男は、一切褒める会話ができません。最悪な男になると、重箱のすみをつつくようなあら捜しをします。すると、女性から幻滅され、モテる男にはなれません。

3つ目が「かわいい女性として扱う会話ができない」ことです。女性は、仕事の能力・結果に関係なく、1人のかわいい女性として周りの人たちから扱ってもらう会話があることで、気持ちがハッピーになることができます。
ところがモテない男は、1人のかわいい女性として扱う会話ができません。オワコン男になると、数字や結果のみで、女性の優劣を判断します。結果的に、女性から1人の男性として相手にされず、モテる男になることができません。

ではモテる男はどんな「女性応援会話テクニック」を使っているのでしょうか?

セックステクニックの続きを見る⇒