ヤレる雰囲気を知れば多くの女性とヤレる

ヤレる雰囲気を知れば多くの女性とヤレる

「ヤレる男」と「ヤレない男」、両者の違いというのはどのような部分なのでしょうか。恐らく、違いとしてルックスや経済力を挙げる人が多いと思います。

もちろんルックスや経済力も大事です。しかし、中にはルックスが良かったり経済力が高くても女性とヤレない男性もいます。せっかく他の男性よりもアドバンテージになる要素を持っているにも関わらず、女性とヤレないというのは宝の持ち腐れだと言っても過言ではありません。

その反面、「ルックスが良くなくてお金も持っていない」というにも関わらず、女性とヤレるような男性もいます。あなたの周りに、「なんであいつはあんなにモテるんだろう?」という男性、恐らく一人くらいはいるでしょう。

どうして、このようなことが起こるのでしょうか。それは「雰囲気を作る力」が大きく影響していきます。ヤレない男性の特徴として、雰囲気を作るのが苦手というものが挙げられます。「どういう雰囲気からセックスまで持ち込めばいいのかわからない」という人は多く、これでは女性を口説き落とすことはできません。

女性とヤりたいのなら、ヤレる雰囲気を自分で作り出す必要があるのです。ヤレる雰囲気を作り出すことで、ムードを高められ、好みの女性とベッドを共にすることができるでしょう。

しかし、このような雰囲気作りを学べる機会というのはなかなかありません。何度もしているうちに勝手に身につくものでもありません。自分から学びに行かなければ身につかないものなのです。これでは一生ヤレない男として生きることになります。セックスライフを充実させたいのなら、ヤレる雰囲気を学ぶことが大事です。

では、女性とヤレる雰囲気を作る方法はどのように学べばいいのでしょうか?

セックステクニックの続きを見る⇒

セックス後の会話次第で次があるかどうかが決まる

セックス後の会話次第で次があるかどうかが決まる

彼女がいないとしても、ヤれる女性をキープできればセックスに困ることはなくなります。しかし、付き合っていない、いわゆる体だけの関係の相手をキープするというのは、そう簡単なものではありません。

「一度ヤッた相手だけど二度目を断られた」「セフレにしたかったけどできなかった」という経験をしたことがある男性もいると思います。それだけ、一度セックスした相手に対し二度目を求めるというのは難しいものなのです。

「一度ヤッたから次もヤれる」という考えは、あまりにも愚かな考えです。「この人ならもう一度ヤッてもいいかな」と相手に思わせることが重要になります。

一度セックスをした相手にこう思わせるためには、最初に関係を持った時のピロートークが大事になってきます。例え一度目が良かったとしてもこの部分で手を抜いてしまうと、二度目は期待できないでしょう。

逆に、相手の女性をそこまで満足させられなくても、ピロートーク次第では二度目に繋げられることもあります。

男性の中には、射精をした後は相手の女性をうざがるような人が多いです。中には、「射精をしたらすぐに寝る」という人もいます。これでは、その相手と二度目のセックスをする機会は訪れません。「しようよ」と言っても断られてしまうでしょう。

ピロートークというのは、次のセックスのための準備だと言えるものです。正しい準備ができることで、また次回に繋げられるでしょう。

では、そんな二度目に繋げられるピロートークというのは、どのようなものなのでしょうか?

セックステクニックの続きを見る⇒

無言はダメ!セックス中のムードを高める会話はこれ

無言はダメ!セックス中のムードを高める会話はこれ

皆様、セックス中は相手とどんな会話をしてますか?セックスで女性を気持ち良くさせたいのなら、セックス中の会話は大変重要になってきます。

たまに無言で一心不乱にピストンを続けるような男性がいますが、これでは女性は気持ち良くなりません。何も話さずに無言でただピストンを続けていると、独りよがりなセックスになってしまいます。これでは相手を気持ち良くできないだけではなく、自分勝手な男だと思われてしまうので注意が必要です。

セックス中の会話で、ムードをより高めることができます。いつものセックスを会話一つで特別なものにすることも可能です。ピストンだけでコミュニケーションを取るのではなく、きちんと相手と会話をして濃密なコミュニケーションを取るようにしましょう。相手の女性を満足させられてない原因は、セックス中の会話不足にあるかもしれません。セックス中に会話をすることで相手を満足させられるセックスができるでしょう。

しかし、「どんな会話をすればいいのかわからない」「セックス中にムードを高める会話レパートリーがない」という人も中にはいます。確かに、これまでセックス中に会話をしてこなかった人は、どういう話をすればいいのかわからないと思います。

間違った会話ネタを出してしまうと、それだけでムードをぶち壊してしまうこともあるでしょう。セックス中にムードを高められる会話というのは、一体どのような内容なのでしょうか?

セックステクニックの続きを見る⇒

職場の女性とエッチな雰囲気になるためには

同僚女性を口説くために大切なこと

同じ職場で働いている同僚女性。いつも会うからこそ、同僚に対して好意を抱くこともあると思います。また、「好きだから付き合いたい」ではなく「ただ同僚女性とヤリたい」という男性も多いでしょう。

「付き合いたいから口説く」というのはそこまでリスクのあることではありませんが、「ヤリたいだけで口説く」というのは流石に同僚女性に対してはリスクが大きすぎる行動です。周りの人の目もあるので、なにかその同僚とトラブルがあったときは会社にいられなくなることもあるでしょう。

「同僚女性に対して無茶をしすぎたことが原因で会社をクビになった」という男性は非常に多いです。会社をクビにならなくてもこのような噂が広まってしまうと、その会社で仕事をしづらくなってしまいます。

また、職場の同僚同士だとエッチな雰囲気に持ち込むのも難しくなります。いつもは堅苦しい仕事の話をする相手なので、なかなかエッチな雰囲気に持ち込むのが難しいものです。「同僚でヤリたい女性がいて口説いたがエッチな雰囲気にならなかった」という男性も多いでしょう。

同僚女性とヤリたいのなら、いつもの女性を口説く感じで接してはいけません。同僚だからこその口説き方をしなければならないのです。では、同僚女性を口説くために大切なこととはどんなことなのでしょうか?

セックステクニックの続きを見る⇒