モテたいならセックステクニックを磨け!

当サイトはアダルトコンテンツを含んでいます。18歳未満の方はすみやかに【こちらから】ご退場下さい。

モテたいならセックステクニックを磨け!

何故かモテる奴って周りにいませんか?イケメンでもないのにいつも女の噂が絶えない、セックスの相手にはいつも困っていなさそうな男。もしかしたら、その男はセックステクニックを極めているのかもしれません。

あなたでないとダメ、何だか離れられない・・・。男としての自信を付けて、女性からモテる気持ちのいいセックスを楽しみましょう!

無言はダメ!セックス中のムードを高める会話はこれ

無言はダメ!セックス中のムードを高める会話はこれ

皆様、セックス中は相手とどんな会話をしてますか?セックスで女性を気持ち良くさせたいのなら、セックス中の会話は大変重要になってきます。

たまに無言で一心不乱にピストンを続けるような男性がいますが、これでは女性は気持ち良くなりません。何も話さずに無言でただピストンを続けていると、独りよがりなセックスになってしまいます。これでは相手を気持ち良くできないだけではなく、自分勝手な男だと思われてしまうので注意が必要です。

セックス中の会話で、ムードをより高めることができます。いつものセックスを会話一つで特別なものにすることも可能です。ピストンだけでコミュニケーションを取るのではなく、きちんと相手と会話をして濃密なコミュニケーションを取るようにしましょう。相手の女性を満足させられてない原因は、セックス中の会話不足にあるかもしれません。セックス中に会話をすることで相手を満足させられるセックスができるでしょう。

しかし、「どんな会話をすればいいのかわからない」「セックス中にムードを高める会話レパートリーがない」という人も中にはいます。確かに、これまでセックス中に会話をしてこなかった人は、どういう話をすればいいのかわからないと思います。

間違った会話ネタを出してしまうと、それだけでムードをぶち壊してしまうこともあるでしょう。セックス中にムードを高められる会話というのは、一体どのような内容なのでしょうか?

セックステクニックの続きを見る⇒

職場の女性とエッチな雰囲気になるためには

同僚女性を口説くために大切なこと

同じ職場で働いている同僚女性。いつも会うからこそ、同僚に対して好意を抱くこともあると思います。また、「好きだから付き合いたい」ではなく「ただ同僚女性とヤリたい」という男性も多いでしょう。

「付き合いたいから口説く」というのはそこまでリスクのあることではありませんが、「ヤリたいだけで口説く」というのは流石に同僚女性に対してはリスクが大きすぎる行動です。周りの人の目もあるので、なにかその同僚とトラブルがあったときは会社にいられなくなることもあるでしょう。

「同僚女性に対して無茶をしすぎたことが原因で会社をクビになった」という男性は非常に多いです。会社をクビにならなくてもこのような噂が広まってしまうと、その会社で仕事をしづらくなってしまいます。

また、職場の同僚同士だとエッチな雰囲気に持ち込むのも難しくなります。いつもは堅苦しい仕事の話をする相手なので、なかなかエッチな雰囲気に持ち込むのが難しいものです。「同僚でヤリたい女性がいて口説いたがエッチな雰囲気にならなかった」という男性も多いでしょう。

同僚女性とヤリたいのなら、いつもの女性を口説く感じで接してはいけません。同僚だからこその口説き方をしなければならないのです。では、同僚女性を口説くために大切なこととはどんなことなのでしょうか?

セックステクニックの続きを見る⇒

パートナーが濡れにくかったら

長く付き合っている相手が濡れにくくなった・・・

男性なら一度は、「前戯をしているのに全然相手が濡れない」という経験あると思います。こうなったときに「濡れてないってことはエッチをしたくないってことなのかな?」と感じる男性も多いでしょう。

相手の女性の濡れが悪いと、男性の独りよがりなエッチになってしまいます。「こちらがギンギンに勃って相手はぐしょぐしょに濡れる」というのがセックスの理想です。こっちがギンギンに勃っていても相手が濡れていないと、どこか寂しさも感じてしまうものです。

また、長年交際している恋人や妻とのセックスの場合は、「昔は濡れていたのに最近は濡れが悪くなっている」ということもあります。これもどこか寂しさを感じてしまうものです。同じ相手とのセックスの経験を重ねることで、それをマンネリに感じて濡れにくくなることもあります。長く連れ添った恋人や妻とセックスをするのなら、マンネリを打開する必要があるのです。

濡れにくい女性というのは挿入しづらいものです。「濡れが悪く挿れられなくて夜の生活が徐々に減っていく」というカップルもいます。仮に挿入できたとしても、なかなか濡れないことで女性側が痛みを感じることもあるでしょう。女性を濡らすというのは、性生活をする上で大変重要なものです。長年付き合ってマンネリ化している相手を濡らすにはどうしたらいいのでしょうか?

セックステクニックの続きを見る⇒

彼女が好きなセックスの雰囲気を知る方法ってある?

彼女が好きなセックスの雰囲気を知る方法ってある?

女性が感じるセックスでの気持ち良さはさまざまな部分が影響してきます。男性器の長さや硬さもそうですし、形もそうです。ピストンの速さなども影響するでしょう。「性器同士がどう接触するか?」というのは、女性が感じる気持ち良さに大きな影響を及ぼします。

しかし、このような性器同士の接触が全てではありません。「どういう雰囲気でセックスをするか?」というのも相手を気持ち良くさせるためには重要になってくるのです。たとえ、性器が大きくて固くても、セックスの雰囲気が悪ければ相手を気持ち良くさせられません。特に、性器が大きな男性はその性器に頼りきってしまう傾向があります。

「自分には大きな性器があるからこれで女を気持ち良くさせられる」「この性器ならどこでセックスをしても相手を気持ち良くさせられるだろう」などと考え、雰囲気を疎かにしてしまう傾向にあるのです。しかし、どれだけ立派な性器を持っていようと、雰囲気が悪いのなら、相手を感じさせるのは難しいでしょう。女性を感じさせたいのなら、それだけ雰囲気が大事になってくるのです。

では、どういう雰囲気を女性は好むのでしょうか。答えから言うと、女性によって好きな雰囲気は異なります。女性全員から好まれる雰囲気作りというのは難しく、その人に適した雰囲気を作る方法があるのです。そうなると、その人の好きな雰囲気を知る必要があります。「この子はどういう雰囲気でのセックスが好きなんだろう?」と考える必要があるのです。

これは、相手に直接聞くのは難しいでしょう。「君が好きなセックスの雰囲気を教えて」などと聞くのは、逆に雰囲気を乱す原因にもなります。直接聞くのは絶対にやめるようにしましょう。男性はそこまで意識しませんが、女性は雰囲気を重視する生き物です。相手を気持ち良くさせたいのなら、相手が好きな雰囲気を知る必要があります。ではどうやって相手が好きなセックスの雰囲気を知ればいいのでしょうか?

セックステクニックの続きを見る⇒