モテたいならセックステクニックを磨け!

当サイトはアダルトコンテンツを含んでいます。18歳未満の方はすみやかに【こちらから】ご退場下さい。

モテたいならセックステクニックを磨け!

何故かモテる奴って周りにいませんか?イケメンでもないのにいつも女の噂が絶えない、セックスの相手にはいつも困っていなさそうな男。もしかしたら、その男はセックステクニックを極めているのかもしれません。

あなたでないとダメ、何だか離れられない・・・。男としての自信を付けて、女性からモテる気持ちのいいセックスを楽しみましょう!

女友達を彼女にできる!モテる男のトークテクニック!

女友達を彼女にできる!モテる男のトークテクニック!

あなたは女友達を彼女にしたいと思っていますか?それまで女友達として付き合ってきた期間が長いと、急に彼女になって欲しいとはいいにくいものです。実際「付き合って欲しい!」と告白すること自体は簡単なことです。

ところが告白した途端、断られてしまうことがあります。そうなると、良好だった関係がギクシャクし始めます。できれば、無難に女友達を彼女にしたいところです。こちらでは、女友達を彼女にできない3つのトークパターンについてご紹介します。

1つ目が「いい人トークパターン」です。いい人トークパターンとは、当たり障りのない善意トークをすることです。あなたが、ただの友達のままで終わってしまうのが、いい人トークパターンです。男女問わず、いい人は異性として興味の対象外になります。

なので、これまで意中の女性にいい人トークをしていた男性は、間違いなく興味の対象外として見られています。1人の男性として見られたければ、いい人トークをするのはやめましょう。

2つ目が「優しい人トークパターン」です。優しい人トークパターンとは、女性があきらかにダメな時でも、叱ったりできず、ヘラヘラしたトークをすることです。昨今は優しい男性の人気があります。

ただしいつも、いつもヘラヘラしたトークばかりしていると、女性からは弱々しい奴と思われます。優しい人トークは、たまにすれば効果があります。ただし、優しいだけのトークばかりしていると、後々男性としては相手にされなくなります。

3つ目が「優柔不断な人トークパターン」です。優柔不断な人トークパターンとは、自分の意見は一切封印して、他人の意見に何にでも賛同してしまうトークのことです。最近は女性の意見を尊重する傾向が強くなってきました。

それを真に受けて、自分の意見はいわず、女性の意見であれば何にでも賛同するトークをしてしまう男性がいます。しかし、それが通用するのも最初のうちだけです。先々では優柔不断で、自分の意見がなく、大人になり切れていない男性と評価され、バカにされます。

こちらでご紹介した3つのトークパターンに陥っている男性であれば、女友達を彼女にはできず、当然セックスもできないでしょう。では、女友達を彼女にするようなトークテクニックは存在するのでしょうか?

セックステクニックの続きを見る⇒

女性から近づいてくる!モテる男の会話テクニック

女性から近づいてくる!モテる男の会話テクニック

女性から近づいてきてくれる会話テクニックがあることはご存じでしょうか?モテる男性には、女性の方から近づいてきます。よって、モテる男性は、その後もたいした努力もなしに女性をゲットでき、セックスすることができます。

逆にモテない男性は、自分の方から女性に近づいていきます。しかし女性から逃げられてしまい、残念ながらセックスすることができません。女性とセックスしたいのであれば、女性の方から近づいてくるように仕向ける必要があります。

モテない男性は、女性が近づいてこないように振舞ってしまい、会話ができません。こちらでは女性が近づきにくく、会話ができない3つのタイプについてご紹介します。

1つ目が「話しかけにくい」タイプです。こちらのタイプは、常に自分の周りに見えない「話しかけるなオーラ」を放っているような人です。このタイプは高圧的で、自己中な人が多い印象です。相手に空気を読ませようとします。

当然、女性から気軽に話しかけにくい人です。女性から話しかけられても、そっけない態度をとります。ただし、本心では女好きです。自分が興味がある女性は、隙があれば狙っています。心の中に矛盾が多く、結局女性と上手く話すことができません。

2つ目が「話しかけても、反応がない」タイプです。こちらのタイプは、女性が一生懸命話しかけても、曖昧な返事しかしません。言っていることが伝わっているのか、女性側が不安になる人です。

このタイプは意志薄弱で、競争心が弱く、人と戦ってもすぐに負けてしまうような人が多い印象です。女性が話しかけも、ほとんど反応がありません。また反応があっても、日和見的で、どっちつかずな発言ばかりです。弱々しく、イライラしてくるようなタイプなので、結局女性と上手く話すことができません。

3つ目が「簡単な話でも、難解な話にする」タイプです。こちらのタイプは女性が簡単な質問をしても、決して簡単には答えてきません。わざわざ意味不明で、複雑な思考に置き換えます。女性からすると、何がいいたいのか、さっぱりわからない人です。

こちらのタイプは、プライドだけは異常に高い人です。女性に見下されることを過度に警戒しています。
なので、女性からの簡単な質問でも、わざわざ難解で意味不明な話にして返します。わざわざやっている理由は、自分が普段見下している女性からも論破されたら、中身のない脆いプライドが今にも崩壊してしまうからです。結局、女性からすると非常に面倒くさく、できれば関わりたくないと思われます。

できれば、女性の方から近づいてくれ、たいした努力もなしに女性とセックスしたいところです。では一体どうすれば、女性の方から近づいてくれるようになるのでしょうか?

セックステクニックの続きを見る⇒

モテる男は沈黙を自在に操る会話の達人!

モテる男は沈黙を自在に操る会話の達人!

あなたは女性との会話で、沈黙するシーンがありますか?沈黙といっても、すぐに会話が続くならば問題はありません。ところがそうでない場合だと、問題です。特にこれから、セックスに誘おうと思っている相手と沈黙ばかりでは先が思いやられます。

早々に関係に亀裂が入り、セックスどころではなくなります。では、会話での沈黙には一体どんなケースがあるのでしょうか。こちらでは会話での沈黙の3つのケースについてご紹介します。

1つ目は「言葉が出てこない」ことでの沈黙です。自分がしゃべりが得意だったり、相手がしゃべりが得意であれば、会話で沈黙が発生することはほぼありません。ところが両方のしゃべりが不得意であれば「言葉が出てこない」ことでの、会話の沈黙が発生することもあります。

基本的に男女の会話は、テニスのラリーのようなものです。お互いが、ポンポン言葉を発するくらいでないと、会話が続かず沈黙が発生することになります。特に男性は、会話のラリーを止めない努力をするべきです。

2つ目は「ネタに自信がない」ことでの沈黙です。言いたいこと、しゃべりたいことがあっても「ネタに自信がない」と、沈黙が発生することがあります。このケースは、自分では面白いと思っていても、相手に伝わるかどうか自信がない時です。

以前に、自分が面白いと思ったネタをしゃべった時に、怪訝な顔や不快な顔をされてしまうと、しゃべりにくくなります。すると、ネタを話す時に葛藤が起こり、沈黙が発生します。

3つ目は「答えにくい質問をした」ことでの沈黙です。会話自体に自信があっても、相手が答えにくい質問をしてしまうと沈黙が発生します。これは普段、会話の主導権を握るタイプに起こりやすいケースです。

会話の主導権を握るタイプの人の中には、相手の立場になって考えることができない人もいます。すると、無意識に答えにくい質問をしてしまうこともあります。結果、沈黙が発生します。

以上、沈黙が発生する3つのケースについてそれぞれご紹介しました。では、この3つのタイプの沈黙を解消するには、一体どんな会話テクニックを使えばよいのでしょうか?

セックステクニックの続きを見る⇒