モテたいならセックステクニックを磨け!

当サイトはアダルトコンテンツを含んでいます。18歳未満の方はすみやかに【こちらから】ご退場下さい。

モテたいならセックステクニックを磨け!

何故かモテる奴って周りにいませんか?イケメンでもないのにいつも女の噂が絶えない、セックスの相手にはいつも困っていなさそうな男。もしかしたら、その男はセックステクニックを極めているのかもしれません。

あなたでないとダメ、何だか離れられない・・・。男としての自信を付けて、女性からモテる気持ちのいいセックスを楽しみましょう!

エッチな気分になりたい・・・そんな夜は。

男性も女性も、忙しくて現実逃避したくなる夜がある。遊びや飲みに出かけるのはお金が掛かるし、マンガやゲームもすぐ飽きる。そんなときには、ちょっとエッチな小説はいかがですか?

▼気が付いたらハマってる・・・そんな大人の小説が盛りたくさん▼

ちょっと大人のケータイ小説

コンドームが上手くつけられない・・・

コンドームが上手くつけられない・・・

セックス経験がゼロ、もしくは少ない男子にとって不安なのが「コンドームが上手くつけられるかどうか」。一人での練習もしないよりはしたほうが良いけれど、練習と本番はまた感覚が全然違います。

目の前に女性がいることでの緊張、部屋の暗さなどで手こずってしまうんですよね。

コンドームのつけ方で最も大切なのは「表と裏を間違えない」こと!一瞬間違えて触れただけでも、いわゆる我慢汁がついてしまい安全度が下がります。しかし、かろうじて表と裏が合っていたとしても、その後も油断してはいけません。

コンドームの先端には「精液だめ」と呼ばれる袋があり、ここに空気が入らないようにつけなければいけないし、スルスルと根本まで下ろすときに毛を巻き込まないように気を付けないといけない。

巻き込むと下までいかずに困るばかりか、めちゃくちゃ痛いです!イタタ、なんて困ってるダサい姿を見せたくないですよね。では、本番でも格好良くキメられるコンドームのつけ方を見ていきましょう。

セックステクニックの続きを見る⇒

テクに自信がない男でもイカせられる?

テクに自信がない男でもイカせられる?

女性を感じさせるには、単に上半身や下半身の攻め方が上手であればいいというわけではなく、誘い方や雰囲気の作り方、会話の仕方も大事です。女性は心でセックスをするとも言われますからね。

しかし「イカせる」となると話は変わり、上半身や下半身への攻め方やテクニックがものを言います。もちろん雰囲気なども大切ですが、イカせたいなら物理的な知識とテクニックが必要です。

とはいえテクあり男もテクなし男も、イカせたい!という思いの強さは同じ。実は経験が少なくても、どう攻めたらいいか分からなくても、女性をイカせる方法があるんです。それは「アダルトグッズを使う」こと!

とはいえ、アダルトグッズを使われるのを恥ずかしい、抵抗感があるという女性も多いです。上手にセックスにグッズを取り入れる方法も見ていきましょう。

セックステクニックの続きを見る⇒

セックス中に気持ちを伝えるには?

セックス中に気持ちを伝えるには?

セックス中に気持ちを伝えるのは、恥ずかしい・・・と思う人もいます。ですが、セックス中こそが、気持ちをきちんと相手に伝えるチャンスなのです。

セックス中だから、声をかけたらいけないのかなと思うこともあるかもしれませんが、気持ちを伝えることで、お互いに気分が盛り上がることもあります。

セックス中だから会話は要らない、と考えるのではなく、むしろ会話こそが必要なのだ!と思って積極的にコミュニケーションを取っていきましょう。

セックステクニックの続きを見る⇒

胸にもGスポットがあるのです!

胸にもGスポットがあるのです!

女性にとって乳首や乳輪への愛撫はとても気持ちいい人もいると言われています。実は、胸にもGスポットと呼ばれるところがあるのです。それは、「アンダーバスト」と「スペンスの乳腺尾部」です。

もっと分かりやすく言うと、スペンス乳腺尾部の位置は、脇の下と横乳の境界あたりです。胸のGスポットを知らずに愛撫していた人も多いのではないでしょうか?

胸のGスポットの場所を知ることで、次のエッチではそれを攻めることもできますよね。

セックステクニックの続きを見る⇒

セックス中の騎乗位はイキやすいの?

セックス中の騎乗位はイキやすいの?

セックス中の体位は種類がありすぎて、どの体位にしたらお互いが気持ち良くなるのか分からない時もありますよね。

体位の中で騎乗位は、女性の体重が掛かる分、膣の奥深くまで刺激することができ女性はイキやすくなると言われています。男側も、根元まで包まれると満足感と快感がMAXになります。

動きが複雑なため苦手な人もいるかもしれませんが、セックスを楽しむ為には騎乗位のやり方を覚えていきましょう。

セックステクニックの続きを見る⇒