早漏or遅漏。女性に人気はどっち?

早漏or遅漏。女性に人気はどっち?

性の話題に度々上る早漏・遅漏問題。
男性がコンプレックスに感じているパターン、女性が不満に思っているパターン、色々な場面で話題に出ますが、実際に早漏と遅漏の定義を知っている人はどれくらいいるのでしょうか?

女性はどれくらいを早漏・遅漏と捉えるのでしょうか。そして、1番気になるのはコレですよね。
女性は早漏と遅漏ではどちらがお好みなのでしょうか。

もちろん「どちらでもない」が理想かもしれませんが、どちらかと言えばどっちなのか。

不毛な話題に終止符を打ちましょう!答えはこれです。

セックステクニックの続きを見る⇒

なかなかイケない女の子にはどうしたら・・・?

なかなかイケない女の子にはどうしたら・・・?

彼女が本当に気持ちイイかわからない・・・。彼女を喜ばせるテクニックは・・・。
そう考え、互いに良いセックスライフを送る為にこのサイトに辿り着いたことと思います。

あの手この手で気持ち良くなって欲しいという気持ちはとても大切です。
でも、実際はなかなか彼女がイッてくれない・・・。そういう事もよくある話しです。

では、そのなかなかイケない彼女にはどうしてあげたら良いのでしょうか?

セックステクニックの続きを見る⇒

すぐ濡れる子にはすぐ挿入してもいいの?

すぐ濡れる子にはすぐ挿入してもいいの?

女の子によってはすぐ濡れる子がいますね。ステキなキスをされたらそれだけでもちょっとしっとり・・・なんて女の子もいます。
では、そういう女の子には早めに挿入しても大丈夫なのでしょうか?

「濡れている=挿入準備が出来ている」と安易に考えてしまうのはちょっと待って。
もちろん濡れていなければ痛いのは当然で、ローションなどの潤滑油を上手に取り入れているカップルもいるでしょう。

キスして胸を愛撫して軽くクンニしたらもうビショビショ。で、開始5分も愛撫せずに挿入してしまったらどうなるでしょうか?

セックステクニックの続きを見る⇒

コンドームが上手くつけられない・・・

コンドームが上手くつけられない・・・

セックス経験がゼロ、もしくは少ない男子にとって不安なのが「コンドームが上手くつけられるかどうか」。一人での練習もしないよりはしたほうが良いけれど、練習と本番はまた感覚が全然違います。

目の前に女性がいることでの緊張、部屋の暗さなどで手こずってしまうんですよね。

コンドームのつけ方で最も大切なのは「表と裏を間違えない」こと!一瞬間違えて触れただけでも、いわゆる我慢汁がついてしまい安全度が下がります。しかし、かろうじて表と裏が合っていたとしても、その後も油断してはいけません。

コンドームの先端には「精液だめ」と呼ばれる袋があり、ここに空気が入らないようにつけなければいけないし、スルスルと根本まで下ろすときに毛を巻き込まないように気を付けないといけない。

巻き込むと下までいかずに困るばかりか、めちゃくちゃ痛いです!イタタ、なんて困ってるダサい姿を見せたくないですよね。では、本番でも格好良くキメられるコンドームのつけ方を見ていきましょう。

セックステクニックの続きを見る⇒

膣の色が黒いとヤリマンって本当?

膣の色が黒いとヤリマン?

ガバマンやキツマンと同じように、セックスの都市伝説的な位置で語られるのがこの「膣の色」。膣の色が黒いとヤリマン、ピンク色なら処女・経験が少ないなどと言われますが、これって本当のことなんでしょうか?

どうしても男性からすると、特に処女へのこだわりが無いとしても、アソコが黒ずんでいる女性よりもピンク色をしている女性のほうが綺麗で魅力的に感じます。

こればかりは仕方のないことですが、実際膣の色でヤリマンや処女・経験が少ないといったことは分かるのでしょうか?

セックステクニックの続きを見る⇒