セックス後の会話次第で次があるかどうかが決まる

セックス後の会話次第で次があるかどうかが決まる

彼女がいないとしても、ヤれる女性をキープできればセックスに困ることはなくなります。しかし、付き合っていない、いわゆる体だけの関係の相手をキープするというのは、そう簡単なものではありません。

「一度ヤッた相手だけど二度目を断られた」「セフレにしたかったけどできなかった」という経験をしたことがある男性もいると思います。それだけ、一度セックスした相手に対し二度目を求めるというのは難しいものなのです。

「一度ヤッたから次もヤれる」という考えは、あまりにも愚かな考えです。「この人ならもう一度ヤッてもいいかな」と相手に思わせることが重要になります。

一度セックスをした相手にこう思わせるためには、最初に関係を持った時のピロートークが大事になってきます。例え一度目が良かったとしてもこの部分で手を抜いてしまうと、二度目は期待できないでしょう。

逆に、相手の女性をそこまで満足させられなくても、ピロートーク次第では二度目に繋げられることもあります。

男性の中には、射精をした後は相手の女性をうざがるような人が多いです。中には、「射精をしたらすぐに寝る」という人もいます。これでは、その相手と二度目のセックスをする機会は訪れません。「しようよ」と言っても断られてしまうでしょう。

ピロートークというのは、次のセックスのための準備だと言えるものです。正しい準備ができることで、また次回に繋げられるでしょう。

では、そんな二度目に繋げられるピロートークというのは、どのようなものなのでしょうか?

セックステクニックの続きを見る⇒

女性の悩みを聞いてあげるときのポイント

女性の悩みを聞いてあげるときのポイント

あなたは女性の悩みを聞いてあげると、女性にモテるというのはご存じですか?女性にモテる男性は、女性の悩みをマメに聞いてあげています。逆にモテない男性は、女性の悩みを一切聞こうとしません。

女性は自分の悩みを聞いてくれる男性に信頼感を感じ、やがて好きという感情に変わります。上手くいけば、狙った女性をセックスにまで持ち込むこともできます。ところでモテない男性は、残念ながら女性の気持ちを理解することができないので、女性の悩みを聞こうともしません。こちらでは女性の悩みを聞かない男性の3つのダメ会話テクニックについてご紹介します。

1つ目が「会話の途中で話を遮る」ことです。モテない男性がよくやるダメ会話テクニックが、女性がまだ話をしているにも関わらず、話の途中で遮ることです。これは最もやってはいけないダメ会話テクニックです。

ただし女性の話は長いです。正直、ムダ話が多く、いつ終りになるのかもわかりません。そうなると女性の話をバカにしている男性は、話のポイントがわかった時点で話を遮り早々に終わらせ切り上げます。

2つ目が「会話の中のミスを指摘する」ことです。モテない男性がよくやるダメ会話テクニックが、女性の会話中に出てくるミスをいちいち指摘することです。一般的な女性であれば、会話中に多少ミスはします。

また、ミスをそのまま話しているのは、それだけその男性のことを信用しているからです。
それにも関わらず、会話の中のミスを指摘すると、女性からは間違いなく嫌われます。

3つ目が「解決策をいってしまう」ことです。モテない男性がよくやるダメ会話テクニックが、女性との会話中に解決策をいってしまうことです。モテない男性は、ダラダラ会話する女性との時間がもったいないと思っています。

そのため、話を聞きながら同時に解決策を考えています。ところが女性が求めているのは、解決策をいってくれることではありません。自分に共感してくれることなのです。

以上、3つのダメ会話テクニックをやってしまうモテない男性は、女性の悩みを聞いてあげることができず、セックスする機会も逃してしまいます。
では、女性の悩みを聞いてあげ、モテるには一体どうすれば良いのでしょうか。

セックステクニックの続きを見る⇒

ずるい会話ができる男は圧倒的にモテる!

ずるい会話ができる男は圧倒的にモテる!

あなたは女性にモテるずるい会話があることをご存じですか?一般的にずるい会話をすると、女性にモテないといわれています。ただし女性はずるい会話をする男性には興味があります。やり方によっては女性を、セックスにまで持ち込むこともできます。それほど女性にはずるい会話は効果的です。

ところが女性相手にずるくない会話をして、嫌われてしまうバカな男性もいます。こうなると、当然セックスをすることはできません。こちらでは女性から嫌われるずるくない3つの会話についてご紹介します。

1つ目が「正論のみの会話」です。正論のみの会話とは、世の中で正しいと思われている一般常識を根拠にして、女性と会話をしてしまうことです。正論のみの会話は一般的に高学歴で、学生時代から女性とまともに付き合ったことがない男性によく見られる会話です。

確かにずるくはありませんが、どこまで会話をしても正しいか正しくないか、白か黒かをはっきりさせることが目的になります。正論のみの会話をする男性相手に、女性は恋愛感情を持つことはありません。

2つ目が「女性の言葉を真に受けてしまう会話」です。女性の言葉を真に受けてしまう会話とは、女性が発する言葉は全て真実だと思い込んで会話をすることです。こちらも確かにずるい会話ではありませんが、ほとんどの場合女性は心の中では「バ~カ!」と思ってさげすんでいます。

3つ目が「好き嫌いをはっきりいってしまう会話」です。好き嫌いをはっきりいってしまう会話とは、シチュエーションに関係なく自分の思ったことを、素直にありのままにはっきりいってしまう会話のことです。

こちらも確かにずるくはありませんが「そこは濁した方が上手くいくでしょ!」というところでも遠慮がないので、結果的に女性からバカにされます。

セックステクニックの続きを見る⇒

モテる男の女性をキュンキュンさせる会話テクニック!

モテる男の女性をキュンキュンさせる会話テクニック!

あなたは女性をキュンキュンさせる会話をすることができますか?女性はキュンキュンできる会話をすることで「女スイッチがオン」になります。そしてキュンキュン会話をできる男性のことが気になるようになります。

上手くいけば、セックスにまで持ち込め、同じく男性もキュンキュンすることができます。(笑)できれば女性をキュンキュンさせる会話をできるようになりたいものです。その前にこちらでは、女性をガクッとへこませてしまう3つの逆キュン会話についてご紹介します。

1つ目が「全然、話が合わない逆キュン会話」です。全然、話が合わない逆キュン会話とは、会話をすればするほど、ドンドン平行線になってしまう会話のことです。理由はそもそも生まれ持った感性が異なるからです。同じ意味でも、常に真逆の発想になってしまいます。

お互いに悪気はないのですが、感性が異なることから妥協点が見つからず、ドンドン話が合わなくなります。女性をへこませてしまい、最悪な逆キュン会話になってしまいます。

2つ目が「声を聞くのが嫌になる逆キュン会話」です。声を聞くのが嫌になる逆キュン会話とは、相手の声や話し方が嫌になる会話のことです。理由は女性からすると、どうしても不快になる声や話し方があるからです。

ずっと、嫌になる声や話し方をされることで、イライラが最高潮に達します。結果、声を聞くのも嫌になるどころか、顔を見るのも、考えるのも嫌になります。

3つ目が「一緒にいるのが嫌になる逆キュン会話」です。一緒にいるのが嫌になる逆キュン会話とは、ただ一緒にいるだけでも不快で、嫌な気持ちになってくる会話のことです。理由は、不快で、嫌な気持ちにさせられる男性とわざわざ一緒にいる意味がないからです。

例えば、それほどの知り合いでもない相手に、根ほり葉ほりプライベートを聞かれ、最後にプライベートがつまらない女扱いされた時などです。ほとんどの女性であれば「何こいつ!」と怒り心頭に発することでしょう。

こちらでご紹介した逆キュン会話をする男性であれば、女性から間違いなく嫌われ、当然セックスもできません。次の章では、女性をキュンキュンさせて、セックスに持ちこめる会話テクニックについてご紹介します。

セックステクニックの続きを見る⇒

フラれた彼女とよりを戻すトークテクニック!

フラれた彼女とよりを戻すトークテクニック!

あなたはフラれた彼女と、よりを戻したいですか?男女の仲は、付き合っている時は、お互いわがまま放題になってしまいがちです。ただし、ついには相手のわがままに付き合いきれなくなり、別れてしまうことがあります。

ところが、別れてしばらく経つと、別れたことが間違いだったと気づきます。そうなると、よりを戻したくなりますが、簡単には戻りません。こちらでは、彼女からフラれてしまうモテない男の3つのトークパターンについてご紹介します。

1つ目が「命令口調トークパターン」です。命令口調トークパターンとは、女性を一段下に見下して、あれこれ命令口調で指図するトークパターンです。「おい!」「おまえ!」「〇〇やっとけ!」など、何かを頼む時にも、名前では呼びません。

まるで、飼い犬に指図しているような言い方をします。こうなると、普通の神経を持つ女性であれば、イラついてきます。間違いなく、フラれます。

2つ目が「欠点や短所をけなすトークパターン」です。欠点や短所をけなすトークパターンとは、彼女の得意でない分野や上手くできない分野を、わざとけなすパターンです。

男性であっても、女性であっても、得意・不得意はあります。また、何度やってもできないこともあります。そんな彼女の欠点や短所を見つけて、面白がってけなしてしまう男性もいます。こうなると「じゃあ、あんたがやれば」と彼女から言われます。そして、遅かれ早かれ、彼女が逃げ出すことでしょう。

3つ目が「萎えさせる話トークパターン」です。萎えさせる話トークパターンとは、彼女のやる気やモチベーションを落としてしまうトークパターンです。「今日、会社をクビになった」「金を貸してた友達に逃げられた」「実家の会社が倒産して、負債が数億」「親の連帯保証人になった」などです。

笑えない話ばかり聞かされて、彼女のやる気やモチベーションが落ちてしまい、うんざりしてきます。こうなると「ああ、こいつといてもダメになるだけ」と思われます。彼女に愛想をつかされ、飛ばれます。では、フラれた彼女とよりを戻すには一体どうすれば良いのでしょうか。

セックステクニックの続きを見る⇒