胸にもGスポットがあるのです!

胸にもGスポットがあるのです!

女性にとって乳首や乳輪への愛撫はとても気持ちいい人もいると言われています。実は、胸にもGスポットと呼ばれるところがあるのです。それは、「アンダーバスト」と「スペンスの乳腺尾部」です。

もっと分かりやすく言うと、スペンス乳腺尾部の位置は、脇の下と横乳の境界あたりです。胸のGスポットを知らずに愛撫していた人も多いのではないでしょうか?

胸のGスポットの場所を知ることで、次のエッチではそれを攻めることもできますよね。

セックステクニックの続きを見る⇒

乳首以外でも感じさせる!胸揉みテクニック

乳首以外でも感じさせる!胸揉みテクニック

胸は女性の性感帯の一つですが、女性からしてみれば「乳首は感じるけど乳房はあまり感じない」というのが本音。つまり男がモミモミッとしたところで女性は別に・・・という感じで、男だけが興奮しているといっても過言ではありません。

でも、そんな女性たちでも、男の攻めテクニック次第で乳房を揉まれて興奮することができるんです。

実際あなたが女性の胸を揉むときどうやって、どんなシチュエーションでやっていますか?正面から両手で胸をワシッと掴んで、柔らかさを堪能して自分だけ楽しんでいませんか?

もちろんセックスは男が元気になったほうが女性も気分が盛り上がるので無駄なことではないのですが、どうせなら女性にも胸を揉まれて興奮するという感覚を知ってもらいたいものです。

セックステクニックの続きを見る⇒

耳を攻めずにいるのはもったいない!

耳を攻めずにいるのはもったいない!

セックスといえばキスから始まり、胸に降り、下半身に降り、濡れた所で挿入という流れが一般的かと思います。しかしいきなりキスから胸にいっちゃうなんて実は損してるかもしれません!

この章でもお伝えしている通り乳首はかなり敏感で、攻め時を間違えると痛がられたりイラつかれてしまったりします。乳首や胸に攻め込む前に耳と首筋を通る事でワンクッション置けますし、特に感じやすい場合なんかは耳を攻められるだけでトロトロになっちゃうなんて事も大いにあり得ますよ。

セックステクニックの続きを見る⇒

乳首はどのタイミングで触る?

乳首はどのタイミングで触る?

乳首は胸の中、またはの最大の性感帯です。開発すれば乳首だけでイッてしまう女性もいるというのだから、モテたい男はぜひ乳首の攻め方を習得しておきたいものです。

確かに乳首は簡単に感じられる部分なので、女性はすぐに反応してくれるでしょう。だけど簡単だからといってそこばかりいじっていると、女性をイライラさせてしまうこともあります。いきなり乳首を触るという行為は、空腹にいきなり激辛の食べ物を入れるような感じです。

人によってはクリトリスや膣よりもふと触られたときに感じる刺激が強いので、気持ち良い反面あまりしないでほしいというストッパーにもなってしまいます。ではどのタイミングで乳首を触るのが女性にとって心地良い攻めなのでしょうか?

セックステクニックの続きを見る⇒

胸ってどれくらいの力で揉めばいい?

胸ってどれくらいの力で揉めばいい?

女性のシンボルともいえる部分が胸・おっぱい。自分にないものだけに、男にとっては常に触っていたいほど興味がある部分ですよね。しかしそれだけどう触っていいか、どのくらいの力で揉めば痛くないか気持ち良いのか?というのは分かりにくいと思います。AVも男が見て興奮するように作ってあるから参考にならないし…。触り方と力加減を分かりやすく解説していきます。

セックステクニックの続きを見る⇒