今まで以上にセックス中のキスで満足させるには?

今まで以上にセックス中のキスで満足させるには?

セックス中、愛撫ばかりに夢中になり結果的にキスをあまりしていなかった、という経験がある人も多いのではないでしょうか。

全くしない男女は少ないと思いますが、回数としては少なく、数えてみれば2回だった!なんてカップルも多いかもしれません。女性はキスで愛情をはかるとも言われているため、それでは女性は満足しません。

一方で、回数が十分であっても、キスのやり方次第ではだんだん物足りなく感じさせてしまうこともあります。ここでは、女性が納得するキスの回数や、もっと満足のいくキスのテクニックまでを幅広くご紹介しようと思います。

セックステクニックの続きを見る⇒

ハグとセックスの関係

ハグとセックスの関係

外国では挨拶としても使われるハグですが、なんだか気恥ずかしくてあまりしない、という日本男児も多いのではないでしょうか?キザに思われそう、キャラじゃないから、など理由を付けてハグをあまりしてこなかった方はかなり損をしているかもしれません。

何故かと言うと、女子はハグされるのが本当に大好きだからなんです。タイミングや仕方によっては瞬時にメロメロに出来てしまうかも!?そんなハグのマジックを今回はご紹介します。

セックステクニックの続きを見る⇒

セックス中にキスをするタイミングは?

セックス中にキスをするタイミングは?

挿入前の愛撫の段階は比較的ゆったりしているため、胸を揉みながらだったり、秘部を弄りながら体全体に唇を落としていったりとムーディな雰囲気の中でキスすることができます。しかし挿入後はどうでしょうか、腰を振ることに必死で、とても口と口をぴったりくっつけることなんてできません。

男性側は腰を振り続けていると疲れますし、女性を喘ぎっぱなしにするのも可哀想。自然に挿入中にキスをしてあげるには、どうやってどのタイミングが良いのでしょうか。

セックステクニックの続きを見る⇒

ディープキスはいつする?

ディープキスはいつする?

キスには大きく分けて軽いものと深いものの2種類があります。舌を絡めるような深いものをディープキスと呼びますが、これはいつどのタイミングでするのが良いのでしょうか。

何事にもタイミング、空気を読むということは大切なことで、全然そんな流れじゃなかったときにディープキスをしても半分以下の効果しか得られなかったりします。それならまだしも、何かベタベタして気持ち悪いと思われてしまうマイナス効果も…。ディープキスにタイミングはとても大切ですから、しっかり予習しておきましょう。

セックステクニックの続きを見る⇒

セックスに持ち込みやすいキスとは?

セックスに持ち込みやすいキスとは?

女性はそう簡単にキス=セックスにはならない生き物。2人の間の雰囲気、キスする場所、相手からどう見られているか、体がセックスできる状態か…。キスは言うなればしようと思ったらポンとできますが、セックスはポンとできない。どうすればセックスに不安がなくなるのか、セックスがしたいと思わせられるのかが分かれば、キスだけでも女性を自然とセックスへと誘うことができるといえます。

セックステクニックの続きを見る⇒