アナルセックスをしたいときの口説き方

アナルセックスをしたいときの口説き方

AVでよく見かけるアナルセックス。恐らく男性なら一度くらいは、このプレイに対する興味を抱いたことがあると思います。しかし、実際に後ろの穴でセックスをしたことがある人は圧倒的に少数です。ほとんどの人が未経験のプレイなのです。

「アナルに興味があるけど、どうやって誘えばいいかわからない」という人もいます。こういうプレイだからこそ、彼女や妻に「アナルセックスをしたい」と言い出せない男性も多いでしょう。

確かにかなり変態的な行為なので、「したい」と伝えただけで相手から引かれてしまう可能性もあります。最悪の場合、これが原因で別れを切り出されることもあるかもしれません。

アブノーマルなプレイだからこそ、普通に誘ってはいけません。もししたいのなら、彼女や妻に引かれないような誘い方が大事になってきます。では、相手に引かれないためにはどのように誘えばいいのでしょうか?

セックステクニックの続きを見る⇒

口下手な男性が女性を口説くための会話術

口下手な男性が女性を口説くための会話術

セックスをするためには、女性を口説く必要があります。「女性と話すのが苦手」「どうやって口説けばいいかわからない」ということでは、セックスはできません。女性を惹きつけた先にセックスがあるのです。この部分が苦手な男性は、経験人数は増やせません。多くの女性とセックスをしたいのなら、口説きを成功させるテクニックが必要になります。

女性を口説くためには会話が重要です。口説くという言葉に『口』という漢字が入っているくらい、話し上手な人は女性を落としやすくなります。口下手だとどうしても、口説きの成功率は下がってしまうでしょう。

しかし、そんな口下手な人でもやり方によっては、女性を口説くことも可能です。会話のスキルがなくてもセックスに繋げられるのです。

相手を誘い込むための会話スキルがないのなら、いくつか意識したいポイントがあります。このポイントを意識することで、セックスに持ち込むことができるでしょう。そのポイントとはどのようなものなのでしょうか?

セックステクニックの続きを見る⇒

ヤレる雰囲気を知れば多くの女性とヤレる

ヤレる雰囲気を知れば多くの女性とヤレる

「ヤレる男」と「ヤレない男」、両者の違いというのはどのような部分なのでしょうか。恐らく、違いとしてルックスや経済力を挙げる人が多いと思います。

もちろんルックスや経済力も大事です。しかし、中にはルックスが良かったり経済力が高くても女性とヤレない男性もいます。せっかく他の男性よりもアドバンテージになる要素を持っているにも関わらず、女性とヤレないというのは宝の持ち腐れだと言っても過言ではありません。

その反面、「ルックスが良くなくてお金も持っていない」というにも関わらず、女性とヤレるような男性もいます。あなたの周りに、「なんであいつはあんなにモテるんだろう?」という男性、恐らく一人くらいはいるでしょう。

どうして、このようなことが起こるのでしょうか。それは「雰囲気を作る力」が大きく影響していきます。ヤレない男性の特徴として、雰囲気を作るのが苦手というものが挙げられます。「どういう雰囲気からセックスまで持ち込めばいいのかわからない」という人は多く、これでは女性を口説き落とすことはできません。

女性とヤりたいのなら、ヤレる雰囲気を自分で作り出す必要があるのです。ヤレる雰囲気を作り出すことで、ムードを高められ、好みの女性とベッドを共にすることができるでしょう。

しかし、このような雰囲気作りを学べる機会というのはなかなかありません。何度もしているうちに勝手に身につくものでもありません。自分から学びに行かなければ身につかないものなのです。これでは一生ヤレない男として生きることになります。セックスライフを充実させたいのなら、ヤレる雰囲気を学ぶことが大事です。

では、女性とヤレる雰囲気を作る方法はどのように学べばいいのでしょうか?

セックステクニックの続きを見る⇒

職場の女性とエッチな雰囲気になるためには

同僚女性を口説くために大切なこと

同じ職場で働いている同僚女性。いつも会うからこそ、同僚に対して好意を抱くこともあると思います。また、「好きだから付き合いたい」ではなく「ただ同僚女性とヤリたい」という男性も多いでしょう。

「付き合いたいから口説く」というのはそこまでリスクのあることではありませんが、「ヤリたいだけで口説く」というのは流石に同僚女性に対してはリスクが大きすぎる行動です。周りの人の目もあるので、なにかその同僚とトラブルがあったときは会社にいられなくなることもあるでしょう。

「同僚女性に対して無茶をしすぎたことが原因で会社をクビになった」という男性は非常に多いです。会社をクビにならなくてもこのような噂が広まってしまうと、その会社で仕事をしづらくなってしまいます。

また、職場の同僚同士だとエッチな雰囲気に持ち込むのも難しくなります。いつもは堅苦しい仕事の話をする相手なので、なかなかエッチな雰囲気に持ち込むのが難しいものです。「同僚でヤリたい女性がいて口説いたがエッチな雰囲気にならなかった」という男性も多いでしょう。

同僚女性とヤリたいのなら、いつもの女性を口説く感じで接してはいけません。同僚だからこその口説き方をしなければならないのです。では、同僚女性を口説くために大切なこととはどんなことなのでしょうか?

セックステクニックの続きを見る⇒

パートナーが濡れにくかったら

長く付き合っている相手が濡れにくくなった・・・

男性なら一度は、「前戯をしているのに全然相手が濡れない」という経験あると思います。こうなったときに「濡れてないってことはエッチをしたくないってことなのかな?」と感じる男性も多いでしょう。

相手の女性の濡れが悪いと、男性の独りよがりなエッチになってしまいます。「こちらがギンギンに勃って相手はぐしょぐしょに濡れる」というのがセックスの理想です。こっちがギンギンに勃っていても相手が濡れていないと、どこか寂しさも感じてしまうものです。

また、長年交際している恋人や妻とのセックスの場合は、「昔は濡れていたのに最近は濡れが悪くなっている」ということもあります。これもどこか寂しさを感じてしまうものです。同じ相手とのセックスの経験を重ねることで、それをマンネリに感じて濡れにくくなることもあります。長く連れ添った恋人や妻とセックスをするのなら、マンネリを打開する必要があるのです。

濡れにくい女性というのは挿入しづらいものです。「濡れが悪く挿れられなくて夜の生活が徐々に減っていく」というカップルもいます。仮に挿入できたとしても、なかなか濡れないことで女性側が痛みを感じることもあるでしょう。女性を濡らすというのは、性生活をする上で大変重要なものです。長年付き合ってマンネリ化している相手を濡らすにはどうしたらいいのでしょうか?

セックステクニックの続きを見る⇒