モテる男の女性と無限に会話が続くテクニック!

モテる男の女性と無限に会話が続くテクニック!

あなたは女性と無限に会話が続くテクニックがあることをご存じですか?最近は女性との会話が苦手な男性が増えているといわれています。中には、女性からアプローチされているにも関わらず、女性との会話が続かないことから、セックスにまでステップアップできない男性もいます。

ところで女性と会話が続かないといっても、いろんなケースがあります。こちらでは女性と会話が続かない3つのタイプについてそれぞれご紹介します。

1つ目は「何を話していいのかわからない」タイプです。最近は、女性と何を話していいのかわからない男性が増えているようです。「何か話さなきゃ」と頑張ってはいますが、話す内容が浮かんできません。これではセックスどころではありません。
こちらのタイプは元々頭が良い人が多いです。よって、女性に対して気が利いた会話ができないと、みっともないと思い込んでしまいます。そのため、どうしてもレベルの高い話をしようと考え過ぎてしまいます。結果、女性に対して、何を話していいのかわからなくなります。

2つ目は「途中で言葉数が減ってくる」タイプです。こちらのタイプは、一歩進んで、普通に会話をすることはできます。会話の序盤は好調です。ところが中盤、終盤に向かうにつれて、段々と言葉数が減っていきます。
ついには女性の話に対して、相槌を打ったり、空返事ばかりになってしまいます。こちらのタイプは、普段から会話のネタが少なく、語彙力やボキャブラリーが不足気味です。なので、コアな話になると、発言できず、聞き役側に回るしかありません。こうなるとセックスへの道はほど遠くなります。

3つ目は「話がかみ合わない」タイプです。こちらは会話に対しては、ある程度上級者にみられるタイプです。昨今は多様性が進んだことから、いろんな考えの人たちが増えてきました。男女の会話も以前と比べると、かなり変化してきました。
そのため、好意があって会話してみたものの、意中の女性と中々会話がかみ合わないということがあります。こちらのタイプは、会話はできますが、男女とも独りよがりになりがちです。会話しながら、お互い相手を、自分の考えに合わせてしまおうとするところがあります。そのため、中々会話がかみ合いません。

セックステクニックの続きを見る⇒

処女を誘うモテる男の会話テクニック!

処女を誘うモテる男の会話テクニック!

あなたは処女をセックスに誘うテクニックをご存じですか?最近の女性はティーンで、処女を捨てるといわれています。まあ、中には処女のまま社会人にまでなってしまう人もいますけれど。
たまたま付き合った彼女が処女だった時、あなたは一体どうやってセックスにまで持ち込みますか?

ところで処女といってもいろんなタイプがいます。男性には中々理解できない理由で処女のままということも十分あり得ます。では、処女には一体どんなタイプがいるのでしょうか。こちらでは、処女の3つのタイプについてそれぞれご紹介します。

1つ目は「タイミングさえあえば、相手を選ばずにセックスを経験したい」タイプの処女です。こちらは、ほぼ一般的なタイプの処女です。男性やセックスには興味があるが、出会いやタイミングに恵まれず、今日まで処女を守ってきた女性です。
こちらのタイプの女性は、普段から「セックスに興味津々オーラ」をガンガン発しています。大人しい彼氏であれば、ちょっと引いてしまうくらいです。

2つ目は「好きな人とセックスをしたい」タイプの処女です。こちらのタイプの女性になると、ちょっと厄介です。一筋縄ではいかないかもしれません。こちらはセックス自体には興味があります。
ただし、こだわりが強いのです。中には「結婚まで処女は守り抜く」という賢明な女性も多数いらっしゃいます。なので、はっきりいって簡単ではありません。

3つ目が「セックスよりも趣味に夢中」なタイプの処女です。こちらのタイプの女性は、そもそもセックス自体に興味がありません。というよりも、まだセックスに目覚めていません。「夢見る乙女」という感じです。これらは簡単でもあり、難しくもあります。

以上、処女の3つのタイプについてそれぞれご紹介しました。では、この3つのタイプの処女たちをセックスに誘うには、一体どんな誘い方が良いのでしょうか?

セックステクニックの続きを見る⇒

女性の気持ちを上げたいなら身だしなみから

女性の気持ちを上げたいなら身だしなみから

付き合う前や付き合いたての頃は普段よりずっと身だしなみを気をつけますよね。

流行りの服を研究してみたり、彼女の好みをリサーチして自分なりに頑張ってみたり、もちろん最初からありのままの自分のファッションを貫く人もいると思いますがそれでも彼女のことはどこか片隅にあるのが恋心というもの。

付き合ってもう何年も経っている彼氏、もう今更ファッションなんて気にしなくっている旦那さん、あの頃のことを思い出しましょう?

「最近ちゃんと化粧をしなくなった」、「オシャレせず動きやすい服ばかり」なんてパートナーの愚痴をこぼす前にまずは自分から。

きちんと身だしなみを整えて、また新鮮な気持ちで女性に向き合いましょう。
出会った頃のようなときめきで今夜はきっとお互い燃え上がるはずです。

セックステクニックの続きを見る⇒

モテる男の誘い方のポイントとは?

モテる男の誘い方のポイントとは?

モテる男性は誘い上手です。

例えば
「男女別、理想のセックスをする場所」を参考にどこに誘いだそうか決めて
「簡単に女性との距離を縮める方法」でいい雰囲気や仲良くなるまでは成功しても

ホテルや家などセックスに誘うのに失敗している男性って結構いるんです。
その決定的な違いってどこかわかりますか?

デートやエッチへのお誘いに対しての責任を男性側が持っているかどうかです。
「エッチがOKだからついてきたんでしょ?」「わざと終電逃したんでしょ?」と女性側に責任を持たせるなんて最低男のすることです。

今は顔や若さやノリのよさやお金で女性を誘えても、そのうち誰にも相手にされなくなります。

ではモテる男の誘い方にはどんなポイントがあるのでしょうか。

セックステクニックの続きを見る⇒

ガバマンでも気持ち良くなれる体位

ガバマンでも気持ち良くなれる体位

処女はキツマン、ヤリマンはガバマンって本当?」でも書いていますが、女性の膣の緩さは、経験値によるものもゼロではありませんが、ほとんどが「筋力」によるものです。

100人切りしていても、下半身が鍛えられている子ならしっかりと筋肉が収縮してペニスときっちり密着しますし、処女であっても筋肉がなければ入口は狭くても中がまったく収縮せずにガバガバということもあります。

もしかしたらあなたのペニスが小さいだけかもしれませんし「ユルマンは実は・・・感じている証拠?感じていない証拠?」で書いてる通り、女性が感じてないだけかもしれません。

しかしながらそれを「お前が鍛えてないから」「俺が小さいから」と言った所で何の解決もしません。

ちょっと緩いかも、このままではイキづらいかも、と思ったときに是非とも試してほしい体位があります。

セックステクニックの続きを見る⇒