処女はキツマン、ヤリマンはガバマンって本当?

処女はキツマン、ヤリマンはガバマンって本当?

セックスをした事がある男性同士が集まると、キツマン・ガバマンなど、女性器の締め付けについての話題になることがありませんか?処女のアソコはきついとか、ヤリマンはガバガバだとか。しかしそれって本当なのでしょうか?

また、現在のパートナーの膣の締まりが悪く中イキ出来ない、という人もいらっしゃるかもしれませんね。しかし、女性に対して「君の膣は締まりが悪い」なんてどうして言えるでしょうか?
そんな時の対処法や疑問に対しての「本当」を今回はお届けしたいと思います。

セックステクニックの続きを見る⇒

男性器挿入で中イキさせるには

男性器挿入で中イキさせるには

中イキとは、膣内の気持ちよさによってエクスタシーに達する事です。つまり平たく言えばおまんこへの刺激だけでイク事、ですね。なんだ、そんなの女性なら誰でも中イキしてるんじゃないの?と思った方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

実は、中イキを経験した事の無い女性は世の中にたくさんいます。それどころかイクという感覚を知らないまま長年過ごしている女性も少なくないのです。男性はエレクトした後はかなりの確率で射精出来ますから、イク感覚が分からないというのは想像し辛いですよね。

今回はクリトリスではイク事が出来るけれど、中イキの経験がない、という女性が相手の場合の記事です。

セックステクニックの続きを見る⇒

挿入時に他の性感帯も攻める

挿入時に他の性感帯も攻める

いよいよ挿入をした後、両手はどこにいっていますか?体位などにもよりますが、大抵は女性の腰や胸の辺りではないでしょうか。挿入の際に軽くでいいので、パートナーの性感帯を刺激してあげると、気持ちよさが何倍にもなり、セックスがもっと楽しくなりますよ。

多くの人がやっているであろう、おっぱいへの愛撫はどんな体位でも無理がなく触れることが多いのでスタンダードですが、もしかしてパートナーはもっと強い刺激を求めているかも…。

セックステクニックの続きを見る⇒

挿入時に女性が痛がってしまうとき

挿入時に女性が痛がってしまうとき

セックス経験者なら挿入時に女性から「痛い~」と言われたことがあるのではないでしょうか。普段小さい穴に太い棒をグイグイと突っ込むのですから、痛くないはずがありません。しかし元々男性器を挿入できるようなつくりになっているので、ちゃんと準備をすれば痛みを軽減することができます。

挿入時に女性が痛がるとき、「ゆっくり入れるからね」とか「一旦やめようか」と言ってしまう男性も多いかと思いますが、痛くしないのではなく”なぜ女性が痛がるのか”にスポットを当てて考えてみて下さい。

セックステクニックの続きを見る⇒

自分に合ったコンドームの選び方

自分に合ったコンドームの選び方

挿入時に必要なこと、ものは、男性と女性どちらの準備も整っていること。男性は勃起して挿入できるくらいに固く、女性はスムーズに受け入れられるくらいにトロトロに。この状態があって初めて体位テクニックなどの勉強に移れるのです。それに加えて必要な”もの”といえば「コンドーム」です。

このサイトは「モテる男のセックス講座」ですから、もちろん彼女や奥さんに喜んでもらいたいから読んで下さっている男性も多いと思いますが、基本的にはどんな女性の前でも喜んでもらえるようなテクニックを掲載しています。だから風俗やナンパなど遊び・ワンナイトラブの際でも女性からすごい!と言ってもらえるように、男としての自信をつけてほしいというのが一番の願いです。

…と長々と力説してしまいましたが、そのように複数の相手とセックスする場面では「コンドーム装着」が必須マナーとなっています。たかがコンドーム、されどコンドーム…。どのコンドームでもセックスできるという人はいると思いますが、その考えでセックスライフを続けているともったいないなと感じます。

セックステクニックの続きを見る⇒