乳首以外でも感じさせる!胸揉みテクニック

乳首以外でも感じさせる!胸揉みテクニック

胸は女性の性感帯の一つですが、女性からしてみれば「乳首は感じるけど乳房はあまり感じない」というのが本音。つまり男がモミモミッとしたところで女性は別に・・・という感じで、男だけが興奮しているといっても過言ではありません。

でも、そんな女性たちでも、男の攻めテクニック次第で乳房を揉まれて興奮することができるんです。

実際あなたが女性の胸を揉むときどうやって、どんなシチュエーションでやっていますか?正面から両手で胸をワシッと掴んで、柔らかさを堪能して自分だけ楽しんでいませんか?

もちろんセックスは男が元気になったほうが女性も気分が盛り上がるので無駄なことではないのですが、どうせなら女性にも胸を揉まれて興奮するという感覚を知ってもらいたいものです。

胸は「揉む位置」と「同時攻め」が大事

胸は乳首とその周りの柔らかい乳房で構成されていますが、女性にとっての性感帯は乳首。乳首を攻めると女性からいい反応が返ってくることから、男性も胸を揉むのはほどほどにすぐに乳首へ・・・と移行することも多いんじゃないかと思います。

でも、セックスでは物理的に気持ちいいことだけが愛撫じゃありません。気持ちを上げることも大切な愛撫の役割です。じゃあどう胸を揉めば女性の気持ちを盛り上げることができるのか?というと、「揉む位置」と「揉み方」を変えることです。

日ごろ胸を揉むときどこから揉んでいますか?正面?それとも後ろから?セックス中だと前からになることが多いでしょうが、乳首以外を揉むときは断然「後ろから」のほうが興奮します。女性の後ろに回り、脇の下から手を入れてモミモミ。多くの女性にはM心があるので、後ろから見えない感じで触られるといやらしい気分になります。

一方揉み方ですが、胸をひとしきり揉んで次は乳首を重点的にーと分けるよりも、手全体で乳房を包みながら指の間に乳首を挟んで同時攻め、なんてしたほうが刺激的です。乳房=気持ちいいというのを身体に覚えさせることもできます。

同時攻めは他にも、揉みながら首筋にキスをしたり語りかけたり・・・という方法もあり、色々攻め方は応用ができますよ。

エッチな気分になりたい・・・そんな夜は。

男性も女性も、忙しくて現実逃避したくなる夜がある。遊びや飲みに出かけるのはお金が掛かるし、マンガやゲームもすぐ飽きる。そんなときには、ちょっとエッチな小説はいかがですか?

▼気が付いたらハマってる・・・そんな大人の小説が盛りたくさん▼

ちょっと大人のケータイ小説