女性器の下付き・上付きって?

女性器の下付き・上付きって?

よく女性器を「下付き」「上付き」と表現することがあります。下付きだとどう、上付きだとどうと男性同士の間で論議されることもしばしば。だけど案外女性側は気にしていないことがほとんどです。

女性器はあらゆる場面で議論の対象になります。例えば膣の締まり、中の構造(ザラザラしているなど)、男性器を挿入したときにより快感度の高い女性器を「名器」と呼ぶこともあります。といっても下付きと上付きは、男性側が感じることというよりは、挿入しやすい体位や女性の感じ方に大きく関わってくること。
女性をイカせたい、喜ばせたいならばこの知識は必須です。

下付きはバック、上付きは正常位

下付き、上付きは簡潔にいえば膣とお尻の穴の位置に関係します。女性を仰向けに寝かせたとき、膣とお尻の穴の距離が近ければ下付き、遠ければ上付きと言われています。厳密にいえば3cm以内であれば下付き、以上であれば上付きとされているようですが、それよりも実際に挿入してみたほうが確実です。

一般的に下付きだとお尻の穴に近い=バックで挿入しやすい、上付きだとお尻の穴から遠い=正常位で挿入しやすいと言われています。どうもバックのとき角度がキツイなぁ、正常位のときすぐに抜けちゃうんだよなぁと疑問に思っていた人は、膣の位置が関係しているかもしれません。

下付きの女性と正常位をするときは、腰をタオルや枕で上にあげてあげると挿入しやすく、また上付きの女性とバックをするときは腰を高く上げてもらうなど工夫と協力が必要です。

エッチな気分になりたい・・・そんな夜は。

男性も女性も、忙しくて現実逃避したくなる夜がある。遊びや飲みに出かけるのはお金が掛かるし、マンガやゲームもすぐ飽きる。そんなときには、ちょっとエッチな小説はいかがですか?

▼気が付いたらハマってる・・・そんな大人の小説が盛りたくさん▼

ちょっと大人のケータイ小説