Gスポットの攻め方・イカせ方

Gスポットの攻め方・イカせ方

女性には外部の性感帯と内部の性感帯があり、外部がクリトリスなら内部はGスポットになります。指や男性器を入れて刺激をしますが、イカせるという観点でみれば指でピンポイントに攻めたほうが効率が良いです。

かゆいとき手の甲で擦るよりも、指先や爪で掻いたほうが気持ちいいのと同じようなものです。要は接地面積の違いです。Gスポットの大まかな触り方が分かったところで、それがイコールイカせられるテクニックとは限りません。

「気持ちいい」と「イク」は少し違って、「気持ちいい」は刺激が足りずとも、ほんのりでも心地よければいいのですが、反対に「イク」はある程度のテクと刺激があってこそ初めて最高潮に達します。それでは具体的に女を「イカせる」には、どんな攻め方をするべきなのでしょうか?

指の腹を使って同じ速度で!

男性でもそうですが、オナニーをしていてイクには柔らかく弱いストロークではなかなか発射まで・・・とはいきませんよね。それと同じで女の体も、早めの速度かつ一定のリズムで攻められることでオーガズムまで達します。

女性を仰向けにしたら、自分の手のひらを上にし中指(一般的に最も長いと言われている)を入れる。これが基本のスタイルです。Gスポットの場所と探し方の記事でも紹介しましたが、指を入れた状態でクッと軽く曲げると、ちょうど指の腹に当たる部分がGスポットであることがほとんど。

Gスポットを見つけたら指の腹で揉むようにして刺激し、だんだん慣れさせ感じさせていきます。いきなり指を出入しても気持ちよくないので、必ず最初はほぐしてから始めて下さい。内部が濡れてきたらいよいよ指マンの開始。最初は幅を短めに、だんだんと引き抜く距離を長くしていき女性から吐息が漏れ出したらこの動きを出来る限り続けてあげてください。

中でイク時女性は色々と不安になりますから、「思い切りイッていいよ」「大丈夫だよ」など安心できる言葉をかけてあげるとイキやすくなります。

エッチな気分になりたい・・・そんな夜は。

男性も女性も、忙しくて現実逃避したくなる夜がある。遊びや飲みに出かけるのはお金が掛かるし、マンガやゲームもすぐ飽きる。そんなときには、ちょっとエッチな小説はいかがですか?

▼気が付いたらハマってる・・・そんな大人の小説が盛りたくさん▼

ちょっと大人のケータイ小説