挿入時に他の性感帯も攻める

挿入時に他の性感帯も攻める

いよいよ挿入をした後、両手はどこにいっていますか?体位などにもよりますが、大抵は女性の腰や胸の辺りではないでしょうか。挿入の際に軽くでいいので、パートナーの性感帯を刺激してあげると、気持ちよさが何倍にもなり、セックスがもっと楽しくなりますよ。

多くの人がやっているであろう、おっぱいへの愛撫はどんな体位でも無理がなく触れることが多いのでスタンダードですが、もしかしてパートナーはもっと強い刺激を求めているかも…。

本当は女性も触ってほしい

挿入したらクリトリスに指を添えてみてください。自分の腰振りの揺れでクリトリスにも刺激が与えられます。女性にとって膣とクリトリスを同時に責められる事はとても気持ちのいい事ですし、男性もよく知っていることと思います。しかし挿入となると、男性は抽挿に気を取られ案外その2点を責める事が無いのです。実は女性はそれをもどかしく思っていたりします。自分から触ってなんて恥ずかしくて中々言えないのです。本当に指の腹を添えるだけでパートナーの感じ方が何倍にもなるので、今までやったことの無い人はぜひお試しください。

また、耳たぶや首筋の辺りも強い性感帯であることが多いので、その辺りに顔をうずめて呼吸音が聞こえるようにしたり、キスをしたり舌先で舐めてみたりしながら胸を揉むこともとても効果的です。女性は想像力で快感を得る生き物です。男性の顔が見えない状態で、耳元で荒い息遣いが聞こえると、どんな顔で気持ちよくなってくれているんだろう?等と、イメージして興奮します。また、膣から離れた部分への刺激なので、ちょっとしたアクセントといった感じにもなっていいですね。

腰を振るだけでなく、色々と工夫する事でマンネリも防げますし「この人は他の男性とは違う」という差別化も図れますので結果的にモテます。ぜひ実践してみてください。

エッチな気分になりたい・・・そんな夜は。

男性も女性も、忙しくて現実逃避したくなる夜がある。遊びや飲みに出かけるのはお金が掛かるし、マンガやゲームもすぐ飽きる。そんなときには、ちょっとエッチな小説はいかがですか?

▼気が付いたらハマってる・・・そんな大人の小説が盛りたくさん▼

ちょっと大人のケータイ小説