耳を攻めずにいるのはもったいない!

耳を攻めずにいるのはもったいない!

セックスといえばキスから始まり、胸に降り、下半身に降り、濡れた所で挿入という流れが一般的かと思います。しかしいきなりキスから胸にいっちゃうなんて実は損してるかもしれません!

この章でもお伝えしている通り乳首はかなり敏感で、攻め時を間違えると痛がられたりイラつかれてしまったりします。乳首や胸に攻め込む前に耳と首筋を通る事でワンクッション置けますし、特に感じやすい場合なんかは耳を攻められるだけでトロトロになっちゃうなんて事も大いにあり得ますよ。

耳の攻め方

まず、耳は女性器と違って誰でも性感帯になっている訳ではないので、誰にでも有効という訳ではないので注意してください。
耳の攻め方は色々あります。息を吹きかける、声を聞かせる、舐める、吸う、舌をいれる、手で触るなどですが、中でも効果絶大なのは声を聞かせる事です。普段聞き慣れている人の声でも耳元という超至近距離で囁かれると印象は違いますし、とてもエロティックです。

男性は視覚で興奮しやすい生き物ですが女性は想像力で興奮しやすいといいます。それを踏まえれば男性にAVが好きで、女性からは18禁ドラマCD(声優が演じる映像の無いAVのようなもの)が好まれるのも納得できますよね。

まだまだ一部の2次元好きな女子にしか知られていないジャンルですが、その人気振りから声にゾクゾク感じてしまう…!という女性が多いのはお分かりになるでしょう。
また、舌を使って耳を愛撫すると、普段は聞こえないような音もダイレクトに伝わります。正に耳を犯すといった表現が当てはまるような激しい音に包まれるので、かなり興奮度の高いプレイです。

耳が性感帯になっている女性は首筋や背中も性感帯になっている確立が高いです。試しにリラックスしている無防備な時などを見計らって背骨に沿って指を伝わせてみてください。ここでビクッと体を震わせたら性感帯である確率は非常に高くなります。

エッチな気分になりたい・・・そんな夜は。

男性も女性も、忙しくて現実逃避したくなる夜がある。遊びや飲みに出かけるのはお金が掛かるし、マンガやゲームもすぐ飽きる。そんなときには、ちょっとエッチな小説はいかがですか?

▼気が付いたらハマってる・・・そんな大人の小説が盛りたくさん▼

ちょっと大人のケータイ小説