男性器挿入で中イキさせるには

男性器挿入で中イキさせるには

中イキとは、膣内の気持ちよさによってエクスタシーに達する事です。つまり平たく言えばおまんこへの刺激だけでイク事、ですね。なんだ、そんなの女性なら誰でも中イキしてるんじゃないの?と思った方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

実は、中イキを経験した事の無い女性は世の中にたくさんいます。それどころかイクという感覚を知らないまま長年過ごしている女性も少なくないのです。男性はエレクトした後はかなりの確率で射精出来ますから、イク感覚が分からないというのは想像し辛いですよね。

今回はクリトリスではイク事が出来るけれど、中イキの経験がない、という女性が相手の場合の記事です。

中イキさせる攻め方

まず、膣というのは非常に鈍感な器官です。例えば、膣内で射精があってもそれ自体は膣では感じ取れないほど。(男性が中でイッたのが分かるという女性は、男性の仕草や表情、動き、呼吸などから総合的に判断しているにすぎません。)
その事を理解していないと中イキさせることはまず無理です。

そんなに鈍感な器官なのにどうして快感が得られるんでしょう?
答えは、膣の周りが刺激を感じ取るからです。つまりピストン運動やグラインドによって揺れる感覚を快感だと上手く認識する事が出来ないと、ただ揺れているだけ、もしくは痛みと頭で関知してしまうんです。特に奥に行けば行くほど膣は鈍感になるので、いきなり子宮口を攻めてもイかせられる訳はないのです。

そんな膣の中で1番攻めるべきは、ずばりGスポットです。Gスポット自体については過去記事で詳しく触れているのでこちらでの説明は省きますが、簡単に言うと手の平を上に向けて指を挿入した時に関節を曲げて当たる辺りです。Gスポットは浅い所にあり、女性が膣内で最も快感を得やすい箇所なので、挿入してからもGスポット付近を狙い撃ちして刺激を与えましょう。

まだ開発が進んでいない場合、焦りは禁物。最初は膣内だけの刺激ではどうにもならないのでクリトリスも補助的に攻めます。
抽挿は優しくゆっくり、一定の速度で、そして出来るだけ長く行ってください。段々慣れてきたらクリトリスへの刺激を減らしていきます。最終的に膣内でモノが擦られている状態=快感、と脳が判断すれば成功です。中イキが出来るようになります。

エッチな気分になりたい・・・そんな夜は。

男性も女性も、忙しくて現実逃避したくなる夜がある。遊びや飲みに出かけるのはお金が掛かるし、マンガやゲームもすぐ飽きる。そんなときには、ちょっとエッチな小説はいかがですか?

▼気が付いたらハマってる・・・そんな大人の小説が盛りたくさん▼

ちょっと大人のケータイ小説