処女はキツマン、ヤリマンはガバマンって本当?

処女はキツマン、ヤリマンはガバマンって本当?

セックスをした事がある男性同士が集まると、キツマン・ガバマンなど、女性器の締め付けについての話題になることがありませんか?処女のアソコはきついとか、ヤリマンはガバガバだとか。しかしそれって本当なのでしょうか?

また、現在のパートナーの膣の締まりが悪く中イキ出来ない、という人もいらっしゃるかもしれませんね。しかし、女性に対して「君の膣は締まりが悪い」なんてどうして言えるでしょうか?
そんな時の対処法や疑問に対しての「本当」を今回はお届けしたいと思います。

膣の締まり=筋肉の鍛えられ方

まず初めに。膣は筋肉で構成されています。という事は、鍛えれば鍛えるほど締まりをよくする事が出来るという事です。

緊張すると体がガチガチになって、いつもと同じように行動できませんよね?それが処女の膣の締まりがキツいと言われる正体です。初めてのセックスには誰でも緊張するものでしょう。とかく処女となれば、自分の身体に「異物」が入ってくるわけですから、身構えるのは当然です。
しかし、その中でもパートナーを信頼していたり、前戯で上手く感じる事が出来れば緊張はほぐれ、挿入がスムーズに行く事も十分考えられます。つまり処女なら絶対にキツマンだ、というのは完全に間違っているという事。そして、セックスのし過ぎでガバマンになるというのも間違っていますので、今までそうだと思い込んでいた人は認識を改めましょう。

では、膣の締まりが良くない女性にそれとなく伝え鍛えてもらう方法をお教えします。
1番はアダルトグッズの力を借りる事です。膣トレ専門のグッズもありますが、これをそのまま渡したのでは結局口にするのとあまり変わらなく、ショックを与えかねません。
ですので、オルガスターのような膣に入り込むとなかなか出てこないような形状のものを、セックス中の余興として1度使ってみましょう。1度使ってその気持ちよさが分かれば、普段あなたの見ていない所できっとオナニーの手助けにグッズを使うようになるはずです。
普段はクリトリスでしかオナニーをしない、という女性が結構多いのですが、自分の指よりもきもちよくなれるグッズがあれば、自然に膣トレになるのです。

また、体位を変えるだけで締まり具合が劇的に変化する場合もあります。バックからの挿入だと角度がちょうどいいという場合や、正常位であれば、パートナーが足を閉じてピンと伸ばした状態で挿入すると、ぐんと締まりは良くなります。

最後になりますが、パートナーの締まりが悪いと思い込んでいるだけで、実際は普段の自分のオナニーが強すぎて、膣の締め付け程度では感じなくなっている、というパターンも考えられます。これは膣内射精障害という立派な障害ですので治すしかありません。パートナーだけでなく自分の方に問題がある場合も有り得るという事を知っておいてください。

エッチな気分になりたい・・・そんな夜は。

男性も女性も、忙しくて現実逃避したくなる夜がある。遊びや飲みに出かけるのはお金が掛かるし、マンガやゲームもすぐ飽きる。そんなときには、ちょっとエッチな小説はいかがですか?

▼気が付いたらハマってる・・・そんな大人の小説が盛りたくさん▼

ちょっと大人のケータイ小説