クンニを嫌がる女は2通りに分けられる

クンニを嫌がる女は2通りに分けられる

クンニしていい?と聞いて断られた事、経験ある方もいらっしゃるのではないでしょうか?気持ちが通じ合っていると思っている相手に断られるほど、ダメージがでかいですよね。
セックス自体は嫌いではなさそうだし、フェラも普通にしてくれる。なのにこちらからクンニするのはダメ?なぜ??
と男からすると頭がクエスチョンでいっぱいになってしまいますが、これには複雑な乙女心が隠されていたりするのです。

クンニが本気で嫌いな女と強引にヤられたい女

まず1つ目のパターンは、実はしてもらいたいのに最初からは素直に応じられない、と思っている場合。
女から「セックスしたい」とか「もっとそこ」等と言いいにくいのと同じで、恥じらいを演出しているのです。クンニの気持ちよさを知っている女でも1度は「やだぁ~」というのがお決まりになっている、と考えても大丈夫でしょう。そんな時はちょっと強引に「大丈夫だよ、気持ちいいから!」と押し切ればすんなりありつく事が出来ます。
また、女性器は形や色、においなど、人によって全く異なります。男性器も大きさや形などは違いますが、よく見えるようになってるので人のモノと比べやすいですし、話題にも上がったりしますよね。ところが、女性同士で下ネタトークになったとしても、そこで女性器の事について色々話すことはまずありえません。
「自分ですらまじまじと見る機会がないのに、人に舌でペロペロされるなんて!!しかも好きな人に幻滅なんてされたら多分立ち直れない!」というような心理から拒否してしまうのです。
こんな時は優しく「いい匂いがする」とか「綺麗(かわいい)おまんこだね」なんて声をかけてあげると、安心してクンニをさせてくれるようになるかもしれません。

もう1つのパターンは、本当に心の底からクンニをされたくない、と思っている場合です。男にもセックスはするけどフェラは嫌い、というような人がいます。それと同じで、理由は人それぞれですがトラウマを抱えていたり元々の性格に由来する事が多いので、そう簡単に考え直せるようなものではありません。
この場合は少しでも頭を女性器に近づけようとすれば激しく抵抗するか、逃げるでしょう。そんなパートナーの姿は見たくないですよね。自分だってセックスする気を失くしてしまうでしょう。
ですから、普段からパートナーの動向や性癖、性格を知っておくことが大事です。どこまでが表面上の「いや」なのか、どこからが本気の「嫌」なのか。見極められるようになっておきましょう。

エッチな気分になりたい・・・そんな夜は。

男性も女性も、忙しくて現実逃避したくなる夜がある。遊びや飲みに出かけるのはお金が掛かるし、マンガやゲームもすぐ飽きる。そんなときには、ちょっとエッチな小説はいかがですか?

▼気が付いたらハマってる・・・そんな大人の小説が盛りたくさん▼

ちょっと大人のケータイ小説