女性と深い仲になる会話テクニック

女性と深い仲になる会話テクニック

普段、女性とのコミュニケーションが得意な人もいれば苦手な人もいますよね。会話が得意な男性は、自然と女性が喜ぶトーク内容を選んでいたり、スキンシップの距離感を掴むのが上手いのだと思います。

一方で、会話が苦手な男性は、元々女性と会話する機会があまりなく話題作りをしたり話しかけるタイミングが掴めなかったり、シャイで話したいけれど話しかけられなかったりするのだと思います。人それぞれですよね。

そして、女の子と話すとどのようにトークが展開されるのか、会話術など気になりますよね。また、会話のコツを掴めば、どんな女性が相手でもトークを楽しむことができます。

ここでは、気になる女性と一歩近づく会話のテクニックをご紹介します。

会話を楽しむためにすること

知っているとは思いますが、女性はとにかく会話をすることが大好きです。

女性にもよりますが、身近に起きた出来事を周りにどんどん話していくことで心が満たされていきます。女性と会話をするテクニックとして2パターンあります。

1つ目は、「とにかく聞くこと」です。男性側が女性に話をしたいと思ってもそこは堪えて女性の話に耳を傾けましょう。会話において、女性は話を聞いてもらっている時が楽しいと感じるようです。

男性側は話を聞くことにして、女性にはどんどん自分の話をしてもらって、いつの間にか女性自身が何か楽しい!という状況を作り出してみるのも良いですね。

2つ目は「とにかく共感する」事です。男性側が女性に「それは違う!」と否定すると女性は冷めます。それではせっかくの楽しい会話が台無しです。女性に対してどのように共感すればいいのかの具体的な方法を述べます。特に難しいテクニックは必要ありません。

「うんうん。そうだね、僕もそう思うよ」「○○ちゃんのその感覚、わかるな。」といったシンプルな返答でいいのです。

また、ワンランク上の共感の仕方として、「僕はこう思うんだけど、○○さんはそう思うんだね。そういう考え方もあるよね。」といった、自分の意見もちゃんと伝えつつ相手も否定しないという方法があります。

これらはどちらも女性と話す際のテクニックとして使えるのではないのでしょうか。もし、会話に困った時に試してみて下さい。

エッチな気分になりたい・・・そんな夜は。

男性も女性も、忙しくて現実逃避したくなる夜がある。遊びや飲みに出かけるのはお金が掛かるし、マンガやゲームもすぐ飽きる。そんなときには、ちょっとエッチな小説はいかがですか?

▼気が付いたらハマってる・・・そんな大人の小説が盛りたくさん▼

ちょっと大人のケータイ小説