今まで以上にセックス中のキスで満足させるには?

今まで以上にセックス中のキスで満足させるには?

セックス中、愛撫ばかりに夢中になり結果的にキスをあまりしていなかった、という経験がある人も多いのではないでしょうか。

全くしない男女は少ないと思いますが、回数としては少なく、数えてみれば2回だった!なんてカップルも多いかもしれません。女性はキスで愛情をはかるとも言われているため、それでは女性は満足しません。

一方で、回数が十分であっても、キスのやり方次第ではだんだん物足りなく感じさせてしまうこともあります。ここでは、女性が納得するキスの回数や、もっと満足のいくキスのテクニックまでを幅広くご紹介しようと思います。

セックス中のキスを満足させるテク

キスの種類は20種類以上あると言われています。あなたが普段使っているキスの種類はどれくらいでしょうか?

きっと、軽いキス、ディープキスといった2種類程度だと思います。もっと女性を満足させられるよう、セックス中のキステクを極めてみましょう。

あるメジャーなキスの種類をいくつかご紹介します。まず1つ目に「ライトキス」です。それは、頬や唇など軽く重ね合わせるキスで、セックスが始まる時にお勧めです。同じ軽めのキスとして、何度も繰り返して愛情を確かめる「バードキス」というのもあります。愛情を感じたときに、思う存分やってあげてOKです。

2つ目は「プレッシャーキス」です。名前自体はあまり知られていないキスですが、唇を長く重ねあわせる、よくドラマで見るようなキスです。プレッシャーキスの状態から唇を軽く開け、お互い上下に唇を移動させる「スライドキス」や、舌を入れ合う「インサートキス」などもあります。

深いキスはあまりしつこくやりすぎると色気がないので、ここぞ!という瞬間に取っておきましょう。セックス中、「ライトキス」でどこか物足りなさそうな女性に対しては、プレッシャーキスをします。

ライトキスからプレッシャーキスへの間は、約3秒ほど真剣な表情で女性を見つめてあげましょう。見つめることで雰囲気が作られ、女性もあなたとのキスがしたい気持ちになるでしょう。

エッチな気分になりたい・・・そんな夜は。

男性も女性も、忙しくて現実逃避したくなる夜がある。遊びや飲みに出かけるのはお金が掛かるし、マンガやゲームもすぐ飽きる。そんなときには、ちょっとエッチな小説はいかがですか?

▼気が付いたらハマってる・・・そんな大人の小説が盛りたくさん▼

ちょっと大人のケータイ小説